DOCTOR 医師紹介

武島 稔Minoru Takeshima

院長

専門領域

精神科・心療内科全般。特にうつ病や双極性障害などの気分障害の薬物治療

資格

精神保健指定医、産業医、日本精神神経学会専門医、日本老年精神医学会専門医、東京医科大学客員講師

所属学会

日本うつ病学会(評議員、双極性障害委員会フェロー)、日本精神神経学会、日本臨床精神神経薬理学会、日本老年精神医学会、日本内科学会

趣味

釣りと旅行

コメント・モットーなど

「フェア(公正)であること」
職業的にみると、私たち医療にたずさわる者は、患者さんに「医療」という科学を提供させていただくことで生計を立てています。それだけに、提供させていただく医療は、最新の根拠に基づいた、その時点で最良のものでなければならないと思います。そして、提供させていただく医療についてわかりやすい言葉で説明し、お互いに納得して一緒に治療をすすめていくことが大切だと思っております。

岡 敬Takashi Oka

医師/十全会理事長

専門領域

うつ病と双極性障害の薬物療法・心理社会的治療(対人関係-社会リズム療法・心理教育)、気分障害の診断と復職に関するリハビリテーション、不安障害(社交不安障害・パニック障害・全般性不安障害 他)、メンタルヘルス その他

資格

日本精神神経学会認定指導医・専門医、日本医師会認定産業医、精神保健指定医

所属学会

日本精神神経学会、日本うつ病学会(双極性障害委員会委員)、対人関係療法(IPT)研究会、一般社団法人うつ病リワーク協会(理事・評議員)、日本産業精神保健学会、日本生物学的精神医学会(WFSBP)、精神科産業医協会(認定会員)、International Society For Bipolar Disorders(ISBD:国際双極性障害学会)

趣味

イタリアのジャズ音楽鑑賞、イタリアワインと映画およびサッカー鑑賞、体幹トレーニング

コメント・モットーなど

うつ病と双極性障害に関する臨床については、以下のことに取り組んでいます。
①治療初期における強い治療同盟(主治医に遠慮せず、速やかな受診を促すような信頼関係を構築しながら、どんな質問にも回答する姿勢で対応)を確立することに努めます。
②薬物療法に関しては、治療効果の得られる用量や発現時期、予想される副作用を正確に説明します。
③薬物療法以外にも心理教育を必ず併用し、必要に応じて通常の保険診療内で可能な対人関係療法(対人関係-社会リズム療法)を導入し、統合的な治療を行います。
④経時的にうつ病自己式質問紙(PHQ-9やQIDS-J)を導入し、うつ病評価尺度(HAMD/IDS-C)で治療効果を確認することで、早期の寛解を目指します。
⑤実臨床においては、初診より患者と共に治療に関する情報交換から審議、治療方針決定まで関わり、年齢や性、職場・家庭環境など個々の患者の特性や治療者の経験、最新のエビデンスもふまえた最適なSDM(Shared Decision Making:双方向性の意思決定法)を選択するように心掛けています。
⑥現代社会は復職のハードルが非常に高くなっていることから、必要であれば休職中より復職準備性を高めるリワークプログラムを設けています(十全病院で施行しており、複数の心理社会的プログラムを組んでいます)
⑦Jクリニック武島院長と共にセカンドオピニオンも設けています。
⑧地域におけるうつ病・双極性障害における啓蒙・啓発に積極的に取り組んでいます。

column十全会理事長 岡 敬 によるコラム 
<心理教育シリーズ>

水腰 久美子Kumiko Mizukoshi

医師

専門領域

精神医学全般

資格

精神保健指定医

所属学会

日本精神神経学会、日本リハビリテーション学会

趣味

旅行、歌舞伎

コメント・モットーなど

出来るだけていねいに患者さんと向き合う